【イベント】音☆楽市 in 弥生の杜

2018/11/16

最近、ずいぶん冷え込んできましたね。
テレビで各地の紅葉情報が放映される一方で、町中には煌めくイルミネーションやクリスマスツリー…すっかり冬の装いです。

冬の足音が近づくこの季節。野外イベントを敢行することにいたしました!

音☆楽市 in 弥生の杜

開催日時 2018年11月25日(日曜日) 午前11時~午後3時
と  こ  ろ 池上曽根史跡公園 特設ステージ
入  場  料   無料

音楽と歴史体験の融合イベント「音☆楽市」
今回は、近隣の高校軽音楽部生と地元アーティストが熱い演奏を繰り広げます。
体験ブースでは、ちゅーぞー体験(金属器制作)、浮世絵パズルなど、大人から子どもまでお楽しみいただけるイベントです。

初冬の池上曽根史跡公園を暑く!熱く!盛り上げていきましょう!(あたたかくしてお越しくださいね~)
みなさまのお越しをお待ちしております。

【講演会】近世の和泉ー村と家を基盤とする時代ー

2018/10/12

いよいよ明日(10月13日)から、和泉市の歴史7『和泉市の近世』刊行記念・和泉市いずみの国歴史館平成30年度秋季特別展「時をかける文書」がはじまります!

きょうは、本展覧会にかかる記念講演会のお知らせです。

「近世の和泉ー村と家を基盤とする時代ー」

講師 塚田 孝氏(大阪市立大学大学院教授、和泉市史編さん委員)
とき 平成30年10月14日(日) 午後2時から午後3時30分まで(開場は午後1時)
会場 和泉市いずみの国歴史館 会議室(和泉市まなび野2-4)
定員 80名 申込不要、当日先着順
入場 無料

【展示】信太の森ふるさと館秋季企画展

2018/09/28

近世の信太山周辺の村むらー寺社とその伝承ー

信太の森の鏡池史跡公園協力会(研究グループ)が調査した、江戸時代後期の信太郷の村々の実勢・水利・寺社・名所旧跡を取り上げ、現在の地域に残る寺社の文化財と信仰を紹介します。

会  期 2018年 10月3日(水)から11月11日(日)まで
会  場 信太の森ふるさと館(和泉市王子町914-1) 入館無料
開館時間 午前10時から午後5時まで(入館は午後4時45分まで)
休 館 日  月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日(土日は開館)
主  催 信太の森の鏡池史跡公園協力会 研究グループ

〈関連企画〉歴史講座 近世の信太の村文書

村の文書より、近世の信太の村の生活と文化を紹介します。

とき 2018年11月3日(土・祝) 午後1時30分から午後3時30分
講師 山下 聡一(和泉市教育委員会)
会場 信太の森ふるさと館 学習室
定員 45名(当日先着順、午後1時から受付)

 

問い合わせ先
信太の森ふるさと館 (和泉市王子町914-1)
電話、ファックス 0725-45-0605

【展示】いずみの国歴史館平成30年度秋季特別展

2018/09/27

和泉市の歴史7『和泉市の近世』刊行記念
時をかける文書

 

和泉市いずみの国歴史館では、和泉市の歴史7『和泉市の近世』の刊行を記念し、秋季特別展を開催します。
和泉の村々には、たくさんの古文書が伝えられています。本展では、これらの史料の内容はもちろんのこと、史料を守り伝え続けた村と家に注目しながら、近世和泉の村の姿を読み解きます。
さらに、今年が明治150年にあたることから、明治期の古文書や公文書も展示。近世から近代への移行についても展望いたします。

展示構成
1 今在家村ー庄屋家と座の文書ー
2 万町村ー座の文書と庄屋伏屋家ー
3 春木川村ー庄屋の文書と伯太藩ー
4 江戸から明治へ
5 神様・仏様の明治維新

会場 和泉市いずみの国歴史館(和泉市まなび野2-4)
電話・ファックス 0725-53-0802
会期 平成30年10月13日(土)から平成30年12月12日(水)まで
開館時間 午前10時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日(土日は開館)、10月1日~10月12日(展示入れ替えのため)
入館料 無料

いずみの国歴史館秋季特別展ちらし

 

記念講演会

10月14日(日) 午後2時~ (開場 午後1時)
「近世の和泉ー村と家を基盤とする時代ー」 塚田 孝氏(大阪市立大学大学院教授・和泉市史編さん委員)

11月17日(土) 午後1時30分~ (開場 午後1時)
「古文書の保管と伝来ー家文書と村文書ー」 山下 聡一(和泉市教育委員会)

12月1日(土) 午後1時30分~ (開場 午後1時)
「神様・仏様の明治維新」 森下 徹(和泉市教育委員会)

各回とも、和泉市いずみの国歴史館会議室にて。定員80名(先着順)・申込不要・無料

【イベント】和泉市歴史ウォーク&いずみ歴史トーク2018 第2弾

2018/09/26

歴史ウォーク 近世和泉の名所を訪ねるー伏屋氏と意賀美山(おがみやま)ー

『和泉名所図会』に紹介されている意賀美山。
いつ、なぜ、意賀美山が名所に数えられることになったのか。
名所誕生の歴史を解き明かします。

と き 2018年11月4日(日) 午前10時から正午まで
コース 石尾山 弘法寺~意賀美山~石碑「国学発祥之地」~いずみの国歴史館(秋季特別展「時をかける文書」解説)
定 員 50名
申込方法
往復はがき、または、和泉市ホームページ内のお問い合わせフォームに必要事項(住所・氏名・年齢・電話番号・イベント名)を記載の上、和泉市文化財活性化推進実行委員会(教育委員会 文化財振興課)まで。10月19日必着。
※はがき1枚、メール1通で2名まで申込可能(同行者のお名前もご明記ください)
※応募者多数の場合は、抽選となります。当落のご連絡は10月下旬発送予定です。
参加費無料

雨天決行

歴史ウォーク2018第2弾 チラシ

 

いずみ歴史トーク「ココロ トリコ イズミ 和泉の歴史は面白い!」

郷土季刊誌『大阪春秋』第171号(和泉市特集号)が発刊されたことを記念した講演会です。

と き 2018年11月4日(日) 午後1時30分から午後4時まで(午後1時開場)
ところ 和泉市久保惣記念美術館 Eiホール(和泉市内田町3-6-12)
定 員 120名(当日先着順。午後1時から美術館受付にて整理券を配布)
参加費 美術館の入館料が必要です。

第1部
講演 「美術の魅力と「久保惣」―和泉の文化力をたどる―」 河田 昌之(和泉市久保惣記念美術館 館長)
報告1「ふたつの山寺―施福寺と松尾寺―」 乾 哲也(和泉市教育委員会)
報告2「江戸時代の道と旅」永𡌛 啓子(和泉市教育委員会 市史編さん室)

第2部 パネルディスカッション「歴史文化豊かなまち和泉の魅力発信!」
パネラー
河田 昌之(和泉市久保惣記念美術館 館長)
井上 敏(桃山学院大学経営学部准教授)
乾 哲也(和泉市教育委員会)
永𡌛 啓子(和泉市教育委員会 市史編さん室)

いずみ歴史トークちらし