『和泉市の歴史8 和泉市の近現代』刊行ー明治維新から現代まで

2021/05/19

和泉市教育委員会では、和泉市の歴史8地域叙述編Ⅲ.として『和泉市の近現代』を出版いたしました。全9巻のうち7冊目の刊行で、テーマ叙述編としては『和泉市の近世』につづき3冊目となります。

内容

和泉市はどうやってできた?自分の通う小学校はいつからある?そんな身近な歴史がつづられた『和泉市の近現代』が刊行されました。

近現代、つまり明治時代から現代までの歴史を描いた本ですが、おもに明治維新、戦時中、昭和の高度成長期に焦点をあてこれまでの市域のあゆみが描かれています。また、神社や学校教育、織物業など、時代を通じた内容のテーマや、阪和電鉄や草相撲などについての魅力的なコラムも多数収められています。

ぜひ手に取って、地域の歴史を身近に感じてください。

広川禎秀・佐賀朝監修 A5判 510ページ オールカラ―。

 

目次

序 時代の転換と地域社会の変貌(広川禎秀)

第1部 時代を読む1 近代移行期の政治変動と村むら

第1章 領主制の解体・統治機構の再編と堺県(島田克彦・山下聡一)

第2章 寺社の再編をめぐる村と人びと(島田克彦・山下聡一)

第3章 近代社会への移り変わりと村(島田克彦)

コラム1. 村の文書管理―明治前期の若樫村(島田克彦)

第4章 山の用益・開発と土地所有(島田克彦)

第2部 時代を読む2. 地域からみた十五年戦争

第1章 軍事拠点としての和泉市(森下 徹)

第2章 戦時下のくらし(森下 徹)

第3章 泉北郡の国防婦人会(人見佐知子)

第4章 村の軍人墓地と忠魂碑(森下 徹)

コラム2. 戦前における朝鮮人の集住と労働・生活(森下 徹)

第3部 時代を読む3. 地域開発の展開と地域社会の変貌

第1章 和泉市の成立と展開(高岡裕之)

第2章 上水道の成立(加来良行)

第3章 地域開発の展開(高岡裕之)

コラム3. 昭和期の和泉府中駅前再開発(初田香成)

第4章 地域に生きた知識人―南清彦―(広川禎秀)

第4部 テーマで観る―神社・学校・地主・織物―

第1章 神社合祀と和泉(山下聡一)

コラム4. 泉州の草相撲(飯田直樹)

第2章 小学校の誕生と展開(柏木 敦)

第3章 戦後学校教育の展開と隔週定時制(柏木 敦)

コラム5. 和泉に電車がやってきた(森下 徹)

第4章 近代地主制の展開(佐賀 朝)

第5章 織物業の展開(佐賀 朝)

むすび 伝統社会の解体過程と和泉市の近現代(佐賀 朝)

販売場所など

1冊2000円+税で、市役所5階にある文化遺産活用課の窓口、いずみの国歴史館、信太の森ふるさと館、久保惣記念美術館にて販売しています。一般書店やインターネットでもお買い求めいただけます。

 

 

令和3年 大賀ハス日記1 今年もはじめます

2021/05/13

今年の2月下旬から3月中旬にかけて、池上曽根史跡公園内に置いている14個の大賀ハス全ての鉢を植え替えました。

 

 

令和2年6月11日から7月14日まで、ほぼ毎日開花が続いていました。梅雨明け後、真夏の日差しをたっぷりと浴びて立葉が力強く育ちました。

秋には葉も枯れだして、12月には全ての葉が枯れましたが、鉢の土の中では新しい地下茎(レンコン)が肥大して春の芽吹きの準備をしているそうです。

 

 

今年の芽吹きは去年より少し早くて、5月初めにはかなりの浮き葉が広がっています。これからの成長が楽しみです。

 

文化財関係施設 休館のお知らせ

2021/04/24

緊急事態宣言の発出により、文化財関係施設を下記の通り、休館いたします。

臨時休館施設一覧

  施設名            期間               備考

いずみの国歴史館   4月26日(月曜日)から発出解除まで

池上曽根弥生情報館  4月26日(月曜日)から発出解除まで  池上曽根史跡公園は開園

信太の森ふるさと館  4月26日(月曜日)から発出解除まで  信太の森の鏡池史跡公園は開園

 

皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
なお、状況に応じ、変更する可能性があります。その場合は改めてお知らせいたします。

 

連絡先

いずみの国歴史館 (電話、ファックス   0725-53-0802)

池上曽根弥生情報館(電話、ファックス  0725-45-5544)

信太の森ふるさと館(電話、ファックス  0725-45-0605)

令和3年度春夏季企画展「繁栄の池上曽根遺跡-拠点集落としての姿ー」

2021/04/22

開催場所・会場:大阪府立弥生文化博物館

開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日:毎週月曜日(ただし5月3日、8月9日は開館)、5月6日(木曜日)、8月10日(火曜日)

開催日・期間:2021年4月27日(火曜日)から2021年9月12日(日曜日)

大阪府立弥生文化博物館は、緊急事態宣言の発出により、4月25日(日曜日)から発出解除までの間休館いたします。

池上曽根遺跡は、弥生時代における拠点集落を考えるうえで、多くの知見をもたらしてきました。今年は、池上曽根遺跡が国の史跡に指定されて45年、史跡公園が開館して20年、そして大阪府立弥生文化博物館が開館して30年となる節目の年です。今回の企画展は、大阪府立弥生文化博物館・和泉市教育委員会・泉大津市教育委員会の三者が主催します。池上曽根遺跡の周辺にある遺跡も取り上げることで、池上曽根遺跡の重要性を、改めて泉州北部における古代の歴史に位置付けます。今年の3月には、新たに池上曽根遺跡の保存活用計画が策定されました。今回の企画展は、これからの史跡整備に向けた、最初の一歩となります。

繁栄の池上曽根遺跡ー拠点集落としての姿ー

華とんぼ展

2021/04/14

市の伝統産業・ガラス細工。個性豊かな華とんぼを展示します。

開催場所:信太の森ふるさと館

開催日:2021年4月10日(土曜日)から2021年5月9日(日曜日)

緊急事態宣言の発出により、4月26日(月曜日)から発出解除までの間休館いたします。

王子町914-1

開館時間:午前10時から午後5時(入館は午後4時45分まで)

電話・ファックス:0725-45-0605

華とんぼ展

信太の森ふるさと館

信太の森ふるさと館ぶろぐ