和泉地方の神功皇后伝説(信太の森ふるさと館令和4年度秋季企画展)

2022/10/14

和泉地方の神功皇后伝説(信太の森ふるさと館令和4年度秋季企画展)

和泉地方の神功皇后伝説 信太の森ふるさと館令和4年度秋季企画展チラシ

概要

場所

信太の森ふるさと館

〒594-0004 和泉市王子町914-1

電話・ファックス:0725-45-0605

開館時間

10時~17時(最終入館:16時45分)

入館無料

期間

令和4年(2022)10月21日(金曜日)~11月27日(日曜日)

展示担当

信太の森の鏡池史跡公園 協力会研究グループ

休館日

月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、祝日の翌日

イチオシ!2(和泉市いずみの国歴史館 令和4年度企画展)

2022/10/14

イチオシ!2

イチオシ!2 和泉市いずみの国歴史館 令和4年度企画展 チラシ

文化遺産活用課の職員が、各自のイチオシ文化財を紹介します。平成29年(2017)のイチオシ展に続く、第2弾となる今回の展示では、最新の調査成果を紹介し、当館の初公開資料を展示します。和泉市にまつわる、様ざまな時代と種類の文化財を、お楽しみください。

概要

場所

和泉市いずみの国歴史館

〒594-1152 和泉市まなび野2番4(宮ノ上公園内 まなびのプラザ)

電話・ファックス: 0725-53-0802

開館時間

10時~17時(最終入館:16時30分)

入館無料

期間(前期と後期で、展示資料の全てを入れ替えます)

前期:令和4年(2022)10月15日(土曜日)~12月18日(日曜日)

後期:令和5年(2023)1月14日(土曜日)~3月19日(日曜日)

休館日

月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日(土曜日・日曜日は開館)、展示入替期間、年末年始

主な展示資料

いずみの国歴史館で初めて出陳する資料

「葛の葉二度の子別れ」屏風 二曲一双 今岡一穂作(現代:和泉市教育委員会蔵)

浮世絵 蘆屋道満大内鑑 三代歌川豊国(江戸時代:和泉市教育委員会蔵)

絹本 阿弥陀如来絵像(室町時代:父鬼町観音寺・春木川町地蔵講蔵)

惣ヶ池遺跡出土 小形仿製鏡(弥生時代:和泉市教育委員会蔵)

森家(納花町)祈祷札(江戸時代ほか:和泉市教育委員会蔵)

「香月」水彩画 甲斐千鶴作(現代:和泉市教育委員会蔵)

弘法大師坐像(2躯)(江戸時代:団体蔵:初公開は1躯)

青銅鏡(中国前漢時代:和泉市久保惣記念美術館蔵)

河野家(内田町)屋敷図(江戸時代:個人蔵)

その他の資料

国史跡和泉黄金塚古墳ほか出土 円筒埴輪(古墳時代:和泉市教育委員会蔵)

上町遺跡出土 盾形埴輪棺(古墳時代:和泉市教育委員会蔵:市指定文化財)

黒鳥村文書「某立願文」(鎌倉時代:和泉市教育委員会蔵:府指定文化財)

マイ山古墳出土 太刀(古墳時代:和泉市教育委員会蔵)

和泉名所図会(江戸時代:和泉市教育委員会蔵)

ほか多数

歴史講座

「天から降ってきた阿弥陀様―江戸時代の泉州大念仏―」

日時:10月16日(日曜日)13時30分~

講師:山下聡一(市史編さん室)

「歴史遺産を救え!―失われゆく古民家」

日時:3月5日(日曜日)13時30分~

講師:永𡌛啓子(市史編さん室)

参加方法

定員:各回50人

申込:不要。当日先着順受付。

受付:13時から

会場:まなびのプラザ(いずみの国歴史館)会議室

新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況によっては、変更・中止の場合があります。

知ってる?信太山の古墳たち(信太の森ふるさと館特別展)

2022/08/16

信太山の古墳たちチラシ表

概要

信太の森ふるさと館では、令和4年度特別展「知ってる?信太山の古墳たち」を開催中です。和泉黄金塚古墳、丸笠山古墳、信太貝吹山古墳などの発掘成果をわかりやすく紹介し、出土した埴輪や須恵器などを展示しています。

知ってる?信太山の古墳たちチラシ

 

展示内容

1章「古墳ってなんだろう?」

2章「信太に登場した前方後円墳~和泉黄金塚古墳と丸笠山古墳~」

3章「いろいろな埴輪と古墳~信太貝吹山古墳と菩提池西古墳群~」

4章「小さな古墳がいっぱい?!~信太千塚古墳群~」

 

会期

令和4年(2022)8月13日(土曜日)~10月10日(月曜日・祝日)

休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、祝日の翌日(9/24は開館)

開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時45分まで)

場所:信太の森ふるさと館(〒594-0004 和泉市王子町914-1)

TEL/FAX:0725-45-0605

入館料:無料

 

展示のようす

展示風景1

展示風景3

展示風景2

「初公開!信太山から発掘された弥生時代の鏡」展示紹介

2022/07/22

初公開!信太山から発掘された弥生時代の鏡

初公開!信太山から発掘された弥生時代の鏡チラシ

 

信太の森ふるさと館では、令和3年(2021)の発掘調査で見つかった弥生時代の青銅鏡を展示しています。

見つかったのは、ふるさと館の近くにある弥生時代の集落遺跡「惣ヶ池遺跡」です。

今回の展示は、ご地元のみなさまにいち早く発掘成果をお知らせする里帰り展となります。

保存処理を終えた青銅鏡の実物をぜひご覧ください。

小型仿製鏡の展示

 

 

なお、地元の水彩画教室による「みずえ教室水彩画展」を同時開催中です。

ぜひお越しください。

会期

令和4年(2022)7月8日(金曜日)から令和4年8月7日(日曜日)まで

休館日は祝日を除く月曜日、祝日の翌日(土曜日・日曜日除く)

開館時間は午前10時から午後5時まで入館は午後4時45分まで

 

場所

信太の森ふるさと館

住所:和泉市王子町914-1電話・ファックス:0725-45-0605

 

注意事項

検温、消毒、マスクの着用などの感染症対策をお願いします。

「あしあと―近現代の和泉市―」展示紹介2

2022/02/28

和泉市いずみの国歴史館 令和3年度冬季企画展「あしあと―近現代の和泉市―」は会期の後半を迎えました。テーマは行政・戦争・教育・開発。今回は教育と開発に関する展示資料の一部をご紹介します。

令和3年度冬季企画展「あしあと」展示風景

【期  間】令和4年(2022)1月15日(土曜日)から令和4年(2022)3月21日(月曜日・祝日)

【開館時間】午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

【休 館 日】毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、祝日の翌日(土日の場合は開館)

1 「小学読本」 明治6年(1873

小学読本

明治時代に刊行された教科書。文部省が編纂した内容を堺県の御用製本所が木版刷りで刊行しました。写真の『小学読本』は、堺県が明治6年(1873)に納花村に設置した四十三番小学のもの。現在の国分・平井・黒石・納花・鍛冶屋・浦田・万町・三林・和田の各町に住む子どもたちが通いました。

 

2 和泉市内を走る鉄道の資料(個人蔵) 昭和~平成

鉄道関連資料

昭和4年(1929)に開通した阪和電気鉄道は、昭和15年(1940)に南海電鉄山手線となり、昭和19年(1944)に国有化されました。これが現在のJR阪和線の前身です。昭和46年(1971)には泉北高速鉄道の中百舌鳥ー泉ヶ丘間が開通し、昭和52年(1977)には光明池駅まで延伸され、平成7年(1995)には和泉中央駅まで延伸されました。ここでは阪和電鉄の切符などを展示しています。コレクターの熱い想いが伝わってくるようです。

 

3 旧広報課「市制施行・庁舎竣工記念行事 スナップアルバム」

スナップアルバム

令和3年(2021)の旧庁舎整理時に発見されたアルバム。昭和33年(1958)10月27日に行われた開庁式の様子などが写されています。テープカットは当時の横田磯治市長。昭栄通りや府中中央通りの街並みも収められています。

 

4 昭和45年(1970)信太山惣ヶ池遺跡保存要求署名簿

信太山惣ヶ池遺跡保存要求署名簿

1960年代に行われた鶴山台団地の造成時には、弥生時代の高地性集落跡「惣ヶ池遺跡」が発見されました。この頃「池上曽根遺跡」や「観音寺山遺跡」もまた開発にともなう遺跡の破壊に直面しており、地元住民や市民団体は、和泉三大弥生遺跡を守る実行委員会を結成して、遺跡の保存運動を展開しました。昭和43年(1968)には和泉市議会も、三大弥生遺跡保存要請決議を採択しています。

 

5 昭和45年(1970)撮影「学校航空写真」アルバム

学校航空写真

令和3年(2021)の旧庁舎整理時に発見されたアルバム。半世紀前に撮影された市立小学校の航空写真には、田畑の多い当時の風景が写されています。

 

6 開業当初の和泉中央駅周辺写真

和泉中央駅周辺

和泉中央駅は、平成7年(1995)に開業しました。それに先立つ平成3年(1991)には、いぶき野・はつが野・まなび野・あゆみ野の新町名が定められており、平成4年(1992)には、いぶき野地区で「街びらき式」が行われていました。この写真には、駅周辺の商業施設やマンションが建設される以前の様子が写されています。

* * * * *

このほかにも多数の資料を展示しています。ぜひお越しください。

和泉市いずみの国歴史館
〒594-1152 和泉市まなび野2番4(宮ノ上公園内 まなびのプラザ)
電話・ファックス 0725-53-0802