「あしあと―近現代の和泉市―」展示紹介2

2022/02/28

和泉市いずみの国歴史館 令和3年度冬季企画展「あしあと―近現代の和泉市―」は会期の後半を迎えました。テーマは行政・戦争・教育・開発。今回は教育と開発に関する展示資料の一部をご紹介します。

令和3年度冬季企画展「あしあと」展示風景

【期  間】令和4年(2022)1月15日(土曜日)から令和4年(2022)3月21日(月曜日・祝日)

【開館時間】午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

【休 館 日】毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、祝日の翌日(土日の場合は開館)

1 「小学読本」 明治6年(1873

小学読本

明治時代に刊行された教科書。文部省が編纂した内容を堺県の御用製本所が木版刷りで刊行しました。写真の『小学読本』は、堺県が明治6年(1873)に納花村に設置した四十三番小学のもの。現在の国分・平井・黒石・納花・鍛冶屋・浦田・万町・三林・和田の各町に住む子どもたちが通いました。

 

2 和泉市内を走る鉄道の資料(個人蔵) 昭和~平成

鉄道関連資料

昭和4年(1929)に開通した阪和電気鉄道は、昭和15年(1940)に南海電鉄山手線となり、昭和19年(1944)に国有化されました。これが現在のJR阪和線の前身です。昭和46年(1971)には泉北高速鉄道の中百舌鳥ー泉ヶ丘間が開通し、昭和52年(1977)には光明池駅まで延伸され、平成7年(1995)には和泉中央駅まで延伸されました。ここでは阪和電鉄の切符などを展示しています。コレクターの熱い想いが伝わってくるようです。

 

3 旧広報課「市制施行・庁舎竣工記念行事 スナップアルバム」

スナップアルバム

令和3年(2021)の旧庁舎整理時に発見されたアルバム。昭和33年(1958)10月27日に行われた開庁式の様子などが写されています。テープカットは当時の横田磯治市長。昭栄通りや府中中央通りの街並みも収められています。

 

4 昭和45年(1970)信太山惣ヶ池遺跡保存要求署名簿

信太山惣ヶ池遺跡保存要求署名簿

1960年代に行われた鶴山台団地の造成時には、弥生時代の高地性集落跡「惣ヶ池遺跡」が発見されました。この頃「池上曽根遺跡」や「観音寺山遺跡」もまた開発にともなう遺跡の破壊に直面しており、地元住民や市民団体は、和泉三大弥生遺跡を守る実行委員会を結成して、遺跡の保存運動を展開しました。昭和43年(1968)には和泉市議会も、三大弥生遺跡保存要請決議を採択しています。

 

5 昭和45年(1970)撮影「学校航空写真」アルバム

学校航空写真

令和3年(2021)の旧庁舎整理時に発見されたアルバム。半世紀前に撮影された市立小学校の航空写真には、田畑の多い当時の風景が写されています。

 

6 開業当初の和泉中央駅周辺写真

和泉中央駅周辺

和泉中央駅は、平成7年(1995)に開業しました。それに先立つ平成3年(1991)には、いぶき野・はつが野・まなび野・あゆみ野の新町名が定められており、平成4年(1992)には、いぶき野地区で「街びらき式」が行われていました。この写真には、駅周辺の商業施設やマンションが建設される以前の様子が写されています。

* * * * *

このほかにも多数の資料を展示しています。ぜひお越しください。

和泉市いずみの国歴史館
〒594-1152 和泉市まなび野2番4(宮ノ上公園内 まなびのプラザ)
電話・ファックス 0725-53-0802

令和3年度 児童絵画展

2022/01/24

幸小・信太小・鶴山台南小・鶴山台北小にまなぶ児童のみなさんの力作を展示します。

皆様のご来館をお待ちしております。

令和3年度児童絵画展チラシ

開館時間:午前10時から午後5時(入館は午後4時45分まで)

場所:信太の森ふるさと館(王子町914-1)

電話・ファックス:0725-45-0605

※新型コロナウイルス感染症対策として、当館入口での【手指消毒】と【検温】をお願いしております。

「あしあと―近現代の和泉市―」展示紹介1

2022/01/24

和泉市いずみの国歴史館(まなび野2番4)では、令和3年度冬季企画展「あしあと―近現代の和泉市―」と題して、和泉市にまつわる明治時代から現代までの歴史資料を展示しています。

展示風景

【期  間】令和4年1月15日(土曜日)から令和4年3月21日(月曜日・祝日)

【開館時間】午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

【休 館 日】毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、祝日の翌日(土日の場合は開館)

 

テーマは行政・戦争・教育・開発。

今回は行政と戦争に関する展示資料の一部をご紹介します。

 

1 「五榜の掲示」慶応4年(1868)3月

五榜の掲示

教科書にも登場する明治新政府の「五榜の掲示」。泉州では堺県を通じて発布されました。写真は「切支丹宗門」(キリスト教)と「邪宗門」(よこしまな宗教)への入信を禁止したもの(高36.5cm・幅61.5cm)。ちなみに堺県は、慶応4年(1868)~明治14年(1881)まで存在した県で、一時は現在の大阪府域から奈良県域までを管轄しました。

※写真は和泉市教育委員会所蔵のもの。現在は個人蔵のものを展示中です。

 

2 「西横山村議案綴」など「和泉市旧町村役場公文書」

「西横山村議案綴」など「

明治22年(1889)には現在の和泉市域に12の行政村が誕生しました。今回展示するのは、これらの役場で作成された議事録など。いずれも平成23年(2011)に市の指定文化財に選ばれました。

 

3「広報いずみ」第4号 市章制定時の記事 昭和32年(1957)2月16日発行

「広報いずみ」第4号 市章制定時の記事

和泉市は昭和31年(1956)に和泉町など7町村が合併して成立し、昭和35年(1960)に八坂町・信太村と合併して市域が確定しました。市章と市歌は昭和32年に市民からの公募によって選ばれました。

 

4 軍服・軍帽

軍服・軍帽

日露戦争期(1904-1905)陸軍騎兵軍曹の軍服。寄贈時にはブリキの箱に「祖父の遺品として永久に保存する」との旨が記されていました。

 

5 遺族台帳

遺族台帳

十五年戦争期(昭和6年の満州事変~昭和20年の敗戦まで)には、現在の和泉市域から出征した軍人のうち、1500人余の方が亡くなりました。展示する遺族台帳は「和泉市旧町村役場公文書」の一部です。

 

6 大阪府傷痍軍人会和泉市部旗と軍靴

大阪府傷痍軍人会和泉市部旗と軍靴

負傷しながら戦場に命を得た傷痍軍人は、昭和27年(1952)に日本傷痍軍人会を結成し、各地で地方組織を発足させました。展示する旗は、平成26年(2014)に和泉市傷痍軍人会・同妻の会から和泉市教育委員会へ寄贈されたものです。

 

* * * * *

このほかにも多数の資料を展示しています。ぜひお越しください。

 

和泉市いずみの国歴史館

〒594-1152 和泉市まなび野2番4(宮ノ上公園内 まなびのプラザ)

電話・ファックス 0725-53-0802

令和3年度 いずみの国歴史館冬季企画展「あしあと―近現代の和泉市―」

2022/01/24

■概要

和泉市における近現代(明治時代から現在まで)の歴史をたどります。行政・戦争・教育・開発をテーマに、さまざまな資料や古写真を展示します。郷土和泉を築いた先人たちの足跡(あしあと)が見えてきます。

なお本展は、和泉市の歴史8『和泉市の近現代』(和泉市史編さん委員会編)の刊行を記念したものです。

■主な展示資料

関宿藩大庄屋の裃      幕末維新期    和田・荒木家所蔵

五榜の掲示 第3札     慶応4年(1868)

「學問乃心得」       明治5年(1872)

「小学読本」        明治6年(1873)

「学齢簿」         明治26年(1893)

ノート・日記        戦中       納花・森医院

「戦死者関係書類綴」    戦後

「八坂神社境内払下関係書類」昭和24年(1949)

「新庁舎に関する綴」    昭和31年(1956)

泉北丘陵・和泉中央丘陵開発関係資料

相撲番付表         昭和32年(1957)

※記載のないものはすべて和泉市教育委員会所蔵

■開催日

【期間】2022年1月15日(土曜日)から2022年3月21日(月曜日・祝日)

【休館日】毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、祝日の翌日(土日の場合は開館)

 

■記念講演(参加費無料)

・令和4年2月27日(日曜日) 午後1時30分~午後3時30分

「近代移行期の地域に生きた人びと」

講師:島田 克彦氏(桃山学院大学教授)

定員:40人

会場:まなびのプラザ(いずみの国歴史館)会議室

■記念講演の申込方法

・当日受付先着順(13時から受付開始)

 

■問い合わせ

和泉市いずみの国歴史館

〒594-1152 和泉市まなび野2番4(まなびのプラザ内)

TEL/FAX   0725-53-0802

開館時間  10:00~17:00(最終入館16:30)

 

■関連ファイル

令和3年度冬季企画展「あしあと―近現代の和泉市―」チラシ

■備考

会場内ではマスクを着用のうえ、会話はご遠慮ください。

■関連ページ

和泉市ホームページ>教育委員会生涯学習部>文化遺産活用課>イベント・お知らせ>冬季企画展「あしあと―近現代の和泉市―」

令和3年度 いずみの国歴史館秋季企画展「希うーいのりのかたちー」

2021/10/15

秋季企画展「希う-いのりのかたち-」おもて

■概要

古来より人は祈りを奉げてきました。恵みを求めるものや繁栄を願うもの、鎮魂や平穏を祈るもの、はたまた現世利益を求めるものと「祈り」は多岐にわたり、祈る対象も自然・カミ・神仏と様々でした。それはこの和泉の地にかつて暮らした人々も同様でした。彼らが残した「祈り」に関連する資料は多岐にわたります。縄文時代の仮面や弥生時代の石棒、勾玉、奈良時代の土馬など「まつり」や「まじない」に関する資料。お経の一部が刻まれた須恵器や金属製の仏器を模倣した須恵器など仏教に関連する資料。なかでも『日本書紀』の仏教伝来関係記事に登場する「池辺直氷田」以来崇仏を伝統とする池辺家(和泉市仏並町)は、平安時代の比叡山高僧覚超僧都が生まれ育ったと知られ、覚超自筆の「修善講式」(重要文化財)や鎌倉時代の写本をはじめとした様々な資料が代々伝えられています。

また、市史編さん事業に伴う古文書調査では、村々と寺社に関係する資料のほか、大般若経、仏像など様々な文化財が発見されています。

本展では、遺跡から出土した祭祀に関連する資料や、古墳の副葬品、古代寺院の瓦などの考古資料と、大般若経や中世文書、仏像、池辺家に伝わる資料など文化財・歴史資料の数々をあわせて展示いたします。

本展のタイトルである「希 こいねがう」とは「強く願い望むこと・切望すること」を意味します。和泉の地に暮らした人びとの切なる願いに触れてください。

 

■主な展示資料 (展示資料の一部入替があります)

土製仮面 縄文時代 仏並遺跡(レプリカ) (公財)大阪府文化財センター蔵

翡翠製勾玉    弥生時代 史跡池上曽根遺跡

銅造如来立像   飛鳥時代 天受院蔵 和泉市指定文化財

黒鳥村文書    平安時代~室町時代 大阪府指定文化財

大般若経・経櫃  平安時代~鎌倉時代 森光寺蔵 和泉市指定文化財

大般若経・経櫃  平安時代~南北朝時代 羅漢寺蔵 和泉市指定文化財

修善講式(写本) 鎌倉時代 池辺家蔵

修善講式(写本) 江戸時代 池辺家蔵

修善講式     平安時代(レプリカ)

礫石経      江戸時代 九鬼経塚 ほか

※記載のないものはすべて和泉市教育委員会所蔵

 

■記念講演会(参加費無料)

・令和3年11月3日(水・祝) 午後1時30分~

「覚超の希い―自筆『修善講式』を中心とする仏並池辺家の宗教文化遺産」

講師:阿部泰郎氏(龍谷大学教授・名古屋大学客員教授)

・令和3年12月5日(日) 午後1時30分~

「万町で見つかった飛鳥時代のほとけさま」

講師:田中健一氏(文化庁文化財第一課 文化財調査官(彫刻部門))

定員30人 事前申込制

会場はまなびのプラザ(いずみの国歴史館)会議室

■記念講演会の申込方法

・往復はがきに氏名、住所、電話番号、希望する講演会名を明記の上お送りください。

・いずみの国歴史館カウンターでもお申込みいただけます。その場合は、返信用のはがきをご用意ください。

・はがき1枚につき1人申込み可。連名での申込み不可。

・応募が30人を超えた場合は抽選となります。

・応募締め切り

11月講演会の締め切り:10/24(日)

12月講演会の締め切り:11/23(火・祝)

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況によっては変更・中止の場合があります

 

■問い合わせ

和泉市いずみの国歴史館

〒594-1152 和泉市まなび野2番4(まなびのプラザ内)

TEL/FAX   0725-53-0802

開館時間  10:00~17:00(最終入館16:30)

休 館 日  月曜日(祝日は開館)・祝日の翌日(土日は開館)

展示入替期間・年末年始

■関連ファイル

秋季企画展「希う-いのりのかたち-」チラシ

■備考

会場内ではマスクを着用のうえ、会話はご遠慮ください。

■関連ページ

和泉市ホームページ>教育委員会生涯学習部>文化遺産活用課>イベント・お知らせ>秋季企画展「希う-いのりのかたち-」