令和3年 大賀ハス日記4 開花が続いています

2021/07/09

6月17日から21日にかけて開花のピークを迎えた環濠エリアでは29日に咲いた花を最後にほぼ終わりを迎え、現在は青々とした葉が力強く伸びています。

 

 

大型建物の復元エリアでは、前回の記事の頃はまだ小さな花芽だったものが7月4日に開花し、続けて8日には別の鉢でも開花しました。

 

 

大型建物の復元エリアにはまだ蕾が一つ、そしてピークは終えた環濠エリアでもまたひとつ花芽が上がって来ました。どちらも開花が楽しみです。

令和3年 大賀ハス日記3 いっぱい咲きました

2021/06/23

6月17日から21日にかけて多くのハスの花が開花しました。

 

 

去年は鉢ごとに開花の時期が少しずつずれていましたが、今年は複数の開花を同時に楽しむことができました。

 

 

環濠エリアでの開花はもうすぐ終わりそうですが、大型建物の復元エリアにも花芽が上がり始めたので、しばらくは開花を楽しむことができると思います。

 

 

※池上曽根史跡公園では実生を行わないため、花托は開花終了後切除しています。

 

令和3年 大賀ハス日記2 今年も咲きました

2021/06/16

今年は去年より少し早く花芽が上がって来ました。

今年最初の花芽は5月17日に上がり始め、6月7日に開花し、9日の午前中には咲き終わりました。

 

開花初日の花の色は濃いピンク色で、咲き終わる頃には淡いピンク色に変化します。

 

まだ数本の花芽が上がっているので、しばらくは開花を楽しむことが出来ると思います。

令和3年 大賀ハス日記1 今年もはじめます

2021/05/13

今年の2月下旬から3月中旬にかけて、池上曽根史跡公園内に置いている14個の大賀ハス全ての鉢を植え替えました。

 

 

令和2年6月11日から7月14日まで、ほぼ毎日開花が続いていました。梅雨明け後、真夏の日差しをたっぷりと浴びて立葉が力強く育ちました。

秋には葉も枯れだして、12月には全ての葉が枯れましたが、鉢の土の中では新しい地下茎(レンコン)が肥大して春の芽吹きの準備をしているそうです。

 

 

今年の芽吹きは去年より少し早くて、5月初めにはかなりの浮き葉が広がっています。これからの成長が楽しみです。

 

大賀ハス日記7  開花の時期が終わりました

2020/07/16

 

撮影 : 7月14日 11時39分

7月14日のお昼前、最後の花が散りました。6月11日に開花がはじまり、次々と花芽を上げて約一ヶ月間、私たちを楽しませてくれました。

※ まだこれからも花芽が上がってくる可能性はあります。

撮影 :7月8日 12時19分

撮影 :7月8日 9時48分

撮影 :7月12日 9時41分

よくハスの花の寿命は3~4日で散ると聞きます。今回、池上曽根史跡公園で開花した花の中で早いものは2日。長いもので5日目に散ったものもありました。

そこで、7月8日に開花した花が散るまで時間を追って撮影をしてみました。

撮影 : 7月8日

開花初日は小雨が降ったり止んだりの一日で、雨の止み間にハチやハナアブの仲間が花に集まってきました。夕方には、花弁は閉じられていました。

撮影 :7月9日

開花二日目は午前中を中心にやや強い雨が降り、午後には時折小雨が降る一日になりました。花弁は夕方になっても大きな開閉運動はせずに開いたままでした。

撮影 : 7月10日

開花三日目は早朝から強い雨が断続的に降り続いていて、午前中に散りました。この花は開花から三日目で散ったのですが、花の寿命や開閉運動は、天候や受粉の状態に左右されるのかも知れません。

※ 実生は行わないため、花の終わった花托は直ちに切ります。

撮影 : 7月14日 11時39分

花の時期も終わって梅雨明け間近。次は真夏の日差しをいっぱいに浴びて、力強く伸びる大きな緑の葉っぱも楽しみです。