資料の収集・調査・研究・保存

資料収集から調査、研究

ここでは市史編さん室の資料調査の方法を紹介します。私たちの調査は、まず「現状」、つまり資料が現在どのような状態で保存されているかを記録します。その次に詳しい目録をとり、資料1点づつの写真撮影を行います。資料がどのような状態で保存されていたのか、たとえば資料はどのような箱に入っていたのか、袋に入っていたのか、紐で束ねられているのか、なども資料の性格を知るために重要な情報となります。
このような調査方法を現状記録の方法と呼んでいます。資料の目録や、資料をもとにした研究成果は、紀要として刊行しています。

大阪市立大学との合同調査

市史編さん室と大阪市立大学文学部日本史研究室は毎年合同で和泉市内の地域を対象とした歴史的な総合調査を行っています。市史編さん事業が開始して以来継続して行われてきたもので、2016年現在で20回を数えます。基本的にひとつの町会を対象にし、古文書調査のほか、聞き取り調査やフィールドワーク、仏像調査、石造物調査もおこないます。
たくさんの学生さんが地元のみなさんとともに地域の歴史を掘り起こし、大きな成果を得ています。歴史トークとして地元での調査成果の報告会も行っています。

研究紀要発行

市史編さん室で行った調査の成果は、ほぼ毎年発行される紀要でみることができます。史料目録や史料翻刻などの史料集として、また調査をもとにした論考、図版集など内容は多岐にわたっています。紀要は市史編さん事業の成果報告であるとともに、「和泉市の歴史」編さんのための基礎研究の場という性格ももっています。

既刊紹介

タイトル 発刊年 金額
第1集 旧泉郡黒鳥村関係古文書調査報告書2 1997年 残部僅小
第2集 小田町関係史料調査報告書 1998年 品切
第3集 松尾寺所蔵史料調査報告書 1999年 品切
第4集 近世黒鳥村の地域社会構造 1999年 品切
第5集 松尾寺地域の歴史的総合調査研究 2000年 2000円
第6集 槙尾山施福寺の歴史的総合調査研究 2001年 品切
第7集 近世福瀬村の歴史 2002年 1500円
第8集 槙尾山と横山谷の調査研究 2003年 1500円
第9集 高橋家と池田下村の調査研究 2004年 1500円
第10集 松尾谷南部の調査・研究 2005年 1500円
第11集 古代和泉郡の歴史的展開 2006年 品切
第12集 和泉市の成立と展開 2007年 1500円
第13集 松尾谷史料群の調査研究 2007年 2000円
第14集 伯太藩関係史料目録 2007年 1000円
第15集 万町村旧記「俗邑録」 2008年 1000円
第16集 和泉中央丘陵における村の歴史 2009年 1500円
第17集 池田谷地域の開発と生活 2010年 1500円
第18集 和泉市旧町村役場公文書目録 2011年 1000円
第19集 和泉郡の条里 2012年 2000円
第20集 和泉の村の明細帳Ⅰ 2014年 2000円
第21集 和泉市歴史的建造物調査報告書Ⅰ 2014年 2000円
第22集 和泉市考古学調査報告書Ⅰ 2016年 1000円
第23集 第4回地域史惣寄合報告書 地域の全体史と現代 2016年 1000円
第24集 和泉の寺社改帳Ⅰ 2016年 1500円
第25集 和泉市考古学調査報告書Ⅱ 2017年 1000円
第26集 「市史だより」100選 2017年 2000円

購入方法

市役所文化財振興課窓口、いずみの国歴史館で直接お求めください。
注文発送も行っております(送料別)。