【展示】信太の森ふるさと館平成28年度特別企画「陰陽道の世界」/後期展示「陰陽師の生業 -信太暦と信太陰陽師-」

2016/10/27

後期展示では、「幻の信太暦」ともいわれる信太暦を全点紹介し、信太暦と信太陰陽師の実像に迫るとともに、暦の作成だけではない陰陽師の生業についても明らかにします。

主な展示品

元禄十五年信太暦(個人蔵)
元禄十七年信太暦(個人蔵)
信太陰陽師護符(個人蔵)
占盤(個人蔵)
『簠簋内伝』(個人蔵)
嘉永四年伊勢暦(個人蔵)
嘉永四年京暦(個人蔵)
『立表測景暦日諺解』(和泉市教育委員会蔵)

会 期:平成28年10月8日(土)から平成28年11月13日(日)まで
会 場:信太の森ふるさと館
入館料:無料
開館時間:午前10時から午後5時まで
休館日:月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日

詳しくは下記のPDFを御覧ください。
平成28年度特別企画「陰陽道の世界」

信太の森ふるさと館へのご案内

所在地:和泉市王子町914−1
交 通:JR阪和線 北信太駅から南へ徒歩20分
南海バス「北信太駅筋」から鶴山台方面行に乗車・「鶴山台センター」下車徒歩数分
※駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

【講演】いずみ歴史トークin信太の森ふるさと館を開催します!

2016/10/27

信太の森ふるさと館で開催中の平成28年度特別企画「陰陽道の世界」の関連行事として、いずみ歴史トークin信太の森ふるさと館を開催します。

中世後期、とりわけ南北朝期から室町期は、陰陽師の「社会的権威」が一段と高まった時期です。安倍晴明の末裔・安倍有世や賀茂光榮の後裔・賀茂在弘らの活躍を紹介し、当時の陰陽師の生業や安倍家・賀茂家の家格上昇の実態に迫ります!

「中世後期の安賀両家 -晴明と光栄の後裔-」

と き:平成28年10月30日(日)午後1時30分から午後3時30分まで
ところ:信太の森ふるさと館
講 師:細田 慈人(信太の森ふるさと館 学芸員)
定 員:50名(当日先着順)

詳しくは下記のPDFを御覧ください。
中世後期の安賀両家 -晴明と光栄の後裔-

※この講演会は「和泉市生涯学習サポート講座」対象です。
「まなびの手帳」をお持ちの方は当日ご持参ください。

5 / 512345